砂時計第3号の編集が進んでいます!

こんにちは。編集長です。

梅雨も開け、7月も終わろうとしています。

編集部は締切や校正で大忙しです。

現時点で、創刊号を超えるページ数になる見込み……

皆さんにお見せできるのが楽しみです。


暑い日が続いていますので、皆さんご自愛くださいね!では!

22 views0 comments

Recent Posts

See All

編集長の音無は5/11に発熱、翌日陽性となり療養生活を送ることになりました。 外出のできない療養期間は21日まで、一人暮らしで買い置きのものがない&体調的に調理ができない音無はどう生き残れば良いのかパニックでした。 症状としては、発熱・湿性咳嗽・膿性喀痰・胸痛・関節痛とフルコンボだドン。これまでで一番の苦しさでした。 自治体からパルスオキシメーターが届いて測ってみると一番低い時で92%、一人暮らし

活字嫌いのくせに趣味で文芸をしています。21年10月の文フリ札幌でよせばいいのにたくさん本を買いました。本の虫な方々からすれば少ないのでしょうが、活字嫌いにしてみれば本を買ったというだけで快挙です。 さて前に読んだ(正確には読みきっていない)「ほくたん」第9号で私は「短歌の本には文章がたくさん載っている」ということを学習しました。ちょっと考えてみれば、そらそうなんですが。なので今回は相応の覚悟を