【訃報】浅井通江さんご逝去について(北十事務局)

『砂時計』創刊号より、私たち「北十」の活動を応援くださっていた、浅井通江さんが、9月30日に永眠されました。

浅井さんは、当時発足してまもなく、知名度の全くない「北十」の同人誌、『砂時計』創刊号への寄稿を快くお引き受けくださり、それ以降もずっと応援してくださいました。


この場をお借りして、これまでの応援に心から感謝申し上げます。

そして、我々『砂時計』編集部では、これまで応援いただいたご縁があることから、哀悼の意を表したく、簡単ではありますが浅井さんの寄稿記事の公開、著書の鑑賞などの特集を組ませていただきたいと思います。


浅井さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

文芸同人 北十 事務局 一同

砂時計編集部 一同

33 views0 comments

Recent Posts

See All

『砂時計』第3号作品紹介まとめ④

こんにちは! 編集長の音無です。 前回にひきつづき、ブログでも作品紹介をしていきます! 短歌編を読んでいない方は→こちらから 俳句編を読んでいない方は→こちらから 小説編を読んでいない方は→こちらから 今回は、エッセイ・戯曲編です! まずは、エッセイの紹介です。 ①音無早矢「「推し」になりました」 【推し】〈名〉お-し 人やモノを薦めること。最も評価したい・応援したい対象としてあげること。転じて、

『砂時計』第3号作品紹介まとめ③

こんにちは! 編集長の音無です。 前回にひきつづき、ブログでも作品紹介をしていきます! 短歌編を読んでいない方は→こちらから 俳句編を読んでいない方は→こちらから 今回は第3弾! 小説編です! ①都築 なつ「新人類」 ホテルのラウンジで食事をしている少女と青年。少女は大量の料理を黙々と口に運び、青年はそれを不機嫌そうに眺める――ちぐはぐに見える二人の関係とは。不穏でかわいい? ショートショートです

『砂時計』第3号作品紹介まとめ②

こんにちは! 編集長の音無です。 前回にひきつづき、ブログでも作品紹介をしていきます! 前回の短歌編を読んでいない方は→こちらから 今回は俳句編です! ①音無早矢「夢から覚めたら」抄 (石田波郷新人賞応募作を再編) 煉炭とともだちごっこしてなさい ②村上海斗「季節の変わり目」他二篇 高校生、大学生、そして社会人になっても変わらないのは、季語との向き合い方や暗く寂しい現実世界をいかに詩的に語るか、そ