【訃報】浅井通江さんご逝去について(北十事務局)

『砂時計』創刊号より、私たち「北十」の活動を応援くださっていた、浅井通江さんが、9月30日に永眠されました。

浅井さんは、当時発足してまもなく、知名度の全くない「北十」の同人誌、『砂時計』創刊号への寄稿を快くお引き受けくださり、それ以降もずっと応援してくださいました。


この場をお借りして、これまでの応援に心から感謝申し上げます。

そして、我々『砂時計』編集部では、これまで応援いただいたご縁があることから、哀悼の意を表したく、簡単ではありますが浅井さんの寄稿記事の公開、著書の鑑賞などの特集を組ませていただきたいと思います。


浅井さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

文芸同人 北十 事務局 一同

砂時計編集部 一同

49 views0 comments

Recent Posts

See All

活字嫌いのくせに趣味で文芸をしています。21年10月の文フリ札幌でよせばいいのにたくさん本を買いました。本の虫な方々からすれば少ないのでしょうが、活字嫌いにしてみれば本を買ったというだけで快挙です。 さて前に読んだ(正確には読みきっていない)「ほくたん」第9号で私は「短歌の本には文章がたくさん載っている」ということを学習しました。ちょっと考えてみれば、そらそうなんですが。なので今回は相応の覚悟を

はじめまして、宮川です。存在感を初めて出します。 この間外で話しかけられて「地方出身でまだよくわかんなくて…」と言ったら「北海道とかじゃない?」って言われました。正解だけど、なんで!? 前回はかくたさんが北大短歌第九号のブックレビューを書いてくれたので(まだお読みでない方はぜひ) 今回は私が東京文フリで買った『羽根と根 10号』について書こうと思います。 2014年創刊の同人「羽根と根」は、今号で