『砂時計』第3号作品紹介まとめ④

こんにちは! 編集長の音無です。

前回にひきつづき、ブログでも作品紹介をしていきます!



   短歌編を読んでいない方は→こちらから

   俳句編を読んでいない方は→こちらから

小説編を読んでいない方は→こちらから


今回は、エッセイ・戯曲編です!


まずは、エッセイの紹介です。

①音無早矢「「推し」になりました」

【推し】〈名〉お-し

人やモノを薦めること。最も評価したい・応援したい対象としてあげること。転じて、そうした評価・応援の対象となる人やモノを指す。


②かくた「【挑戦】限界貧乏大学生が北海道じゅうを旅してみた」

釧路は日帰りで旅行するところではないです。まして片道7時間ともなれば。


続いて戯曲です!

③かくた「UW」

船が掲げるカラフルな旗にはひとつひとつ名前や意味があり、組み合わせによっても意味は変わります。U旗とW旗が組み合わさると、意味は「ご安航を祈る」


次回「詩」編で個人作品の紹介はおしまいです!お楽しみに!



25 views0 comments

Recent Posts

See All

活字嫌いのくせに趣味で文芸をしています。21年10月の文フリ札幌でよせばいいのにたくさん本を買いました。本の虫な方々からすれば少ないのでしょうが、活字嫌いにしてみれば本を買ったというだけで快挙です。 さて前に読んだ(正確には読みきっていない)「ほくたん」第9号で私は「短歌の本には文章がたくさん載っている」ということを学習しました。ちょっと考えてみれば、そらそうなんですが。なので今回は相応の覚悟を

はじめまして、宮川です。存在感を初めて出します。 この間外で話しかけられて「地方出身でまだよくわかんなくて…」と言ったら「北海道とかじゃない?」って言われました。正解だけど、なんで!? 前回はかくたさんが北大短歌第九号のブックレビューを書いてくれたので(まだお読みでない方はぜひ) 今回は私が東京文フリで買った『羽根と根 10号』について書こうと思います。 2014年創刊の同人「羽根と根」は、今号で