『砂時計』第3号作品紹介まとめ③

こんにちは! 編集長の音無です。

前回にひきつづき、ブログでも作品紹介をしていきます!



   短歌編を読んでいない方は→こちらから

   俳句編を読んでいない方は→こちらから


今回は第3弾! 小説編です! 


①都築 なつ「新人類」

ホテルのラウンジで食事をしている少女と青年。少女は大量の料理を黙々と口に運び、青年はそれを不機嫌そうに眺める――ちぐはぐに見える二人の関係とは。不穏でかわいい? ショートショートです。


②音無 早矢「千」

千里の道も一歩からって聞くでしょう? 私も一歩一歩踏み出してきたんだよ。少し私と、私の友人の話を聞いてくれるかい。


③桐崎 鶉「犬」

深夜、ラジオから聞こえてきた、とある幼少期の思い出話。他愛もないはずのエピソードはしかし、どこか様子がおかしくなっていく。『ひとがいるんだ。だから母さんが帰ってくるまえに、おれが家に着いてなくちゃ』


④故永しほる「わたしみ」

括弧つきの現実を彷徨うことについての小説です。実際に、迷走を繰り返しながら書きました。


⑤飴屋 京「雲煙万里」「杯水顆果」「星の帳の落ちる部屋」

みっつとも何かを無くしてる人の話です よろしくお願いします。


⑥かくた「Link」

北海道空襲の銃弾は田舎町の故郷にも落ちたらしいとぼんやり聞きました。みなさんの故郷に銃弾は落ちましたか。


次回は、エッセイ・戯曲編です!

お楽しみに!


18 views0 comments

Recent Posts

See All

活字嫌いのくせに趣味で文芸をしています。21年10月の文フリ札幌でよせばいいのにたくさん本を買いました。本の虫な方々からすれば少ないのでしょうが、活字嫌いにしてみれば本を買ったというだけで快挙です。 さて前に読んだ(正確には読みきっていない)「ほくたん」第9号で私は「短歌の本には文章がたくさん載っている」ということを学習しました。ちょっと考えてみれば、そらそうなんですが。なので今回は相応の覚悟を

はじめまして、宮川です。存在感を初めて出します。 この間外で話しかけられて「地方出身でまだよくわかんなくて…」と言ったら「北海道とかじゃない?」って言われました。正解だけど、なんで!? 前回はかくたさんが北大短歌第九号のブックレビューを書いてくれたので(まだお読みでない方はぜひ) 今回は私が東京文フリで買った『羽根と根 10号』について書こうと思います。 2014年創刊の同人「羽根と根」は、今号で