『砂時計』第3号作品紹介まとめ②

Updated: Sep 17, 2021

こんにちは! 編集長の音無です。

前回にひきつづき、ブログでも作品紹介をしていきます!



前回の短歌編を読んでいない方は→こちらから


今回は俳句編です!


①音無早矢「夢から覚めたら」抄

(石田波郷新人賞応募作を再編)

煉炭とともだちごっこしてなさい 


②村上海斗「季節の変わり目」他二篇

高校生、大学生、そして社会人になっても変わらないのは、季語との向き合い方や暗く寂しい現実世界をいかに詩的に語るか、そして何よりも俳句が好きであるということを、句を連ねたことによって気づくことができました。


③かくた「初任給RTA」

「越冬した落ち葉はころがるのがはやい」など。初任給はほぼ食い物に消えました!!


砂時計』第3号では8編の連作が掲載されています。


第3号では、ゲスト評者として第64回角川俳句賞、第34回北海道新聞俳句賞を受賞された鈴木牛後さんが3名の作品を連作の全体像から個々の句に焦点を当てる形で書いてくださっています。フルバージョンはぜひ、本誌を手に取ってお楽しみください!


(音無)


61 views0 comments

Recent Posts

See All

活字嫌いのくせに趣味で文芸をしています。21年10月の文フリ札幌でよせばいいのにたくさん本を買いました。本の虫な方々からすれば少ないのでしょうが、活字嫌いにしてみれば本を買ったというだけで快挙です。 さて前に読んだ(正確には読みきっていない)「ほくたん」第9号で私は「短歌の本には文章がたくさん載っている」ということを学習しました。ちょっと考えてみれば、そらそうなんですが。なので今回は相応の覚悟を

はじめまして、宮川です。存在感を初めて出します。 この間外で話しかけられて「地方出身でまだよくわかんなくて…」と言ったら「北海道とかじゃない?」って言われました。正解だけど、なんで!? 前回はかくたさんが北大短歌第九号のブックレビューを書いてくれたので(まだお読みでない方はぜひ) 今回は私が東京文フリで買った『羽根と根 10号』について書こうと思います。 2014年創刊の同人「羽根と根」は、今号で