新刊情報

砂時計第3号表紙.jpg

​砂時計 第3号

1,500円

北海道の高校文芸出身のメンバーが参加した同人誌『砂時計』の第3号。

1年間の活動休止期間を経て、『砂時計』が復活します!

【特集】「コロナ禍とわたしたち」

 └座談会「コロナ禍のこれまで・これから」

 └エッセイ「コロナ禍とわたしたち」

 └書評・エッセイ・論考「コロナ禍を共に過ごした1冊」

【企画Ⅰ】「震災とわたしたち」

【企画Ⅱ】「卒業記念」

【書評】同人出版物書評

 └飴屋京短編集『さよならを知りたい』評…かくた

 └故永しほる詩集『あるわたしたち』評…音無早矢・向坂くじら(ゲスト)

 └音無早矢歌集『ハッピーエンド』評…宮川漣・日暮こゆき(ゲスト)

 

ほか、同人作品として、小説8編、戯曲1編、エッセイ2編、詩2編、短歌113首(連作8編)、俳句96句(連作5編)を収録、282ページの特大ボリューム。

ゲスト作品評は

 ・俳句:鈴木 牛後 氏

 ・短歌:高城 顔面 氏

既刊情報

創刊号.png

​砂時計 創刊号

1,500円

北海道の高校文芸出身のメンバーが参加した同人誌『砂時計』創刊号。

小説6編・詩10編・俳句182句・短歌55首を収録。

創刊特集:高校生の文芸

​特  集:ふるさと創作

2号.png

​砂時計 第2号

1,200円

北海道の高校文芸出身のメンバーが参加した同人誌『砂時計』の第2号。

小説5編・戯曲2編・エッセイ2編・詩8編・短歌52首・俳句124句を収録。

巻頭特集​:もういちど、絵本の世界へ!

既刊の『砂時計』は、北十のBOOTHほか、

「生きるための道具と詩歌」のお店がたんごとん様でお買い求めいただけます。